ビール

エチゴビール ホップが踊る晴れ晴れエールをレビュー!

みならいです!

さて、今回紹介するのはこちら。

エチゴビール ホップが踊る晴れ晴れエール!!

ホップを摘み取るゾウさんが超キュートなイラストパッケージ!

【デザインコンセプト】

インド象が楽しく躍るようにホップ摘みを楽しみ、アライグマは象の背中でビールをこぼしそうになり慌てている、というユーモラスな情景を描いています。

インド象はIPA(India Pale Ale)から、アライグマはアメリカで人気の動物ということからの連想です。

また、2種類のホップの産地であるワシントン州の象徴として、カスケード山脈の最高峰であるレーニア山を背景にデザインしました。

※エチゴビール公式サイトより引用

ホップが踊る晴れ晴れエールは、昨年10月に限定醸造としてエチゴビールから発売されたビールです。

デザインのこだわりも強く、飲む前から心にグッときてしまう・・・

実際に飲みながらレビューしていきたいと思います!

ホップが踊る晴れ晴れエールはこんなビール

晴れ晴れエールの概要はこんな感じになっています。

◯ 原材料名:大麦麦芽(フランス製造、ドイツ製造)、小麦麦芽、ホップ

◯ 使用ホップ:エクノット(アメリカ品種)、ギャラクシー(オーストラリア品種)

◯ 度数:4.5%

◯ スタイル:セッションIPA

◯ 内容量:350ml

◯ 参考価格:285円/本(税込)

開発コンセプトは、コロナ禍でストレスを感じやすい日々の中でも、セッションIPAを家の中、食卓で楽しむことでホッと前向きな気持ちになれるビールの提案というもの。

食事にも合わせやすい、セッションIPAというのがポイントですね!

ホップが踊る晴れ晴れエールのホップとスタイルを解説

続いて、晴れ晴れエールに使用されているホップの特徴とスタイル(セッションIPA)を簡単に補足解説です。

使用されているホップは、エクノットとギャラクシーの2種類で、それぞれのアロマ(香り)は、

【晴れ晴れエールに使用されているホップの特徴】

エクノット(アメリカ品種):メロン、ベリー、パパイヤ、ライムなど

ギャラクシー(オーストラリア品種):パッションフルーツ、柑橘

となっています。

また、ビアスタイルの特徴としては、

【晴れ晴れエールのビアスタイル】

セッションIPA:強い苦味が特徴のIPAの中でも、アルコール度数を本来のビアスタイルよりも低くしているスタイル

となっています。

晴れ晴れエールは、柑橘の香りと飲みやすいIPAスタイルが特徴のビールですね!

ホップが踊る晴れ晴れエールをレビュー

ということで、晴れ晴れエールを実際に飲んでいきます!

グラスに注ぐとモッコモコの泡立ち。

カラーは濃いめの綺麗な琥珀色です。

はじめにアロマをチェック!

・・・ホップ由来の草感が強め!柑橘というよりは、草っぽさ、カラメルの香り、奥の奥にモルトの香りを感じます。

続いて、一口。

おぉ〜、苦い!にがうまっ!!

若干の酸味も感じられてフルーティーには間違いないですが、スッキリとしながらも突き刺さる苦味、後味のモルト感が印象的!

こんな美味しいビールが夕飯とセットだと、幸福感でストレスも吹っ飛びますね・・・

苦味がしっかりと立っているので、肉系の料理、スパイシーな料理と合わせると特に美味しいと感じました!

おわりに

限定醸造の「ホップが踊る晴れ晴れエール」。

美味しいセッションIPAなので、宅飲みがさらに充実する一本かなと思います。

在庫に限りもあるビールなので、一度は飲みたいですよね!

飲めばほっと幸せ〜(*´∇`*)

エチゴビール ホップが踊る晴れ晴れエール セッションIPA

みならい

最新の投稿記事はこちら!