OTHERS

美味しくウイスキーを飲むために使用する氷は?【解説します】

こんにちはminaraiです。

普段はウイスキーをオンザロックで飲むことが多い私ですが、自宅で飲むときは必ず市販の氷を購入して使用しています。

今日は、その理由とウイスキーに適した氷について解説してみたいと思います。

minarai
minarai
より美味しくウイスキーを楽しむためには、氷はすごく大切です!氷によって味がかなり変化するので適した氷を使用したいですよね!

美味しくウイスキーを飲むために使用する氷

結論から書くと、ウイスキーに適した氷は、純水を使用した氷です。

純水:不純物や有害物質、ミネラル分をすべて除去した水

コンビニで売られているような市販の氷(純水で作られているもの)がベストです。

なぜ純水以外の水ではダメなのか

自宅の製氷機で氷を作る場合、水道水やミネラルウォーターだと不純物が多く、急速に冷却されるため、気泡(空気)を含み、結果として熱伝導が高く溶けやすい氷が完成するからです。

溶けやすい水道水でつくった氷をウイスキーに投入するとあっという間に溶けてしまうんですよね。

一気に溶けるということは、つまるところウイスキー本来の風味や美味しさが一気に崩れることを意味します。

ウイスキーを飲む際に風味を保ちながらオンザロックで楽しむためには、溶けにくい氷でゆっくりと加水させていくことが絶対に必要。

これが水道水やミネラルウォーターでつくった氷をオススメしない理由です。

どうしても自宅の製氷機で作りたい場合は

とはいえ、お金の問題もあるし、どうしても家で作りたい!といった場合は、水道水の煮沸をした水を使用する、という方法があります。

煮沸をすることで、水に含まれる“カルキ”と空気を抜くことができるからです。

家で氷を作る場合は、煮沸後の水を使用するのがオススメですよ!

最強は天然氷

前段で純水氷がベストと紹介しましたが、もうワンランク上の氷を求めるのであれば、ベストオブベストは間違いなく“天然氷”です。

天然氷:湧水などの清冽な水を採氷池に引き入れて、真冬の寒さを利用して自然の中でつくられる氷のこと。薄くても非常に溶けにくいのが特徴。

日本には天然氷を提供してくれる場所が数えるほどしかないですが、直接問い合わせることでネット上での購入も可能なので、特別な日には、特別なウイスキーに特別な氷を準備して極上のひと時を過ごしたいですよね。

【参考リンク】

日光天然の氷・四代目徳次郎

南アルプス・八ヶ岳の天然氷

おわりに

ということで本日は美味しくウイスキーを飲むための氷について書かせていただきました。

天然氷は若干ハードルが高いですが、普段飲みに使用するのであれば、純水を使用した氷(コンビニで売られている氷)が良いかと思います。

より美味しくウイスキーを楽しむために、氷にもこだわっていきたいですね!

ということで、今日はこの辺でおわりにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!