OTHERS

ビールの種類や各ビールスタイルの発祥国について

クールなビールサーバー

こんにちは。お酒をこよなく愛するバーテンダー見習いです٩( ‘ω’ )و

本日は、皆さんが知っているようで知らないビールの種類(分類)などについて、紹介したいと思います!

ビールの種類とは?何が違う?

結論から言うと、ビールの種類を決めるのは、“発酵方法”です!

ビールスタイルは、発酵方法によって大きく3つに分類されます。

3つとは、

⑴ 上面発酵・・・エールと呼ばれ、豊かな味わいが特徴。

⑵ 下面発酵・・・ラガーと呼ばれ、一般的には爽快で飲みやすいのが特徴。

⑶ 自然発酵・・・主にベルギーで採用され、醸造所の空気中の野生酵母によって発酵を行う。

このように、ビールの世界では単純に生産国や味が違うだけではなく、発酵によって分類がなされています。

ちなみにスーパーなどに並んでいる日本のビールのほとんどは下面発酵(ラガー)となっています。日本の大手が販売しているビールは、概ねラガーに分類されていると思います。

上面発酵と下面発酵

イメージしやすいように上面発酵と下面発酵について、簡単に書くと、

上面発酵(エール)

常温以上の温度で発酵させ、発酵過程で酵母が麦汁の表面に浮いてくるのでそう呼ばれる。発酵期間は3日程度

下面発酵(ラガー)

5℃以下程度の低温で発酵させ、上面発酵とは逆に酵母が底に沈む。発酵期間は1週間程度

が発酵の概要ですね。

最近耳にするクラフトビールとは?

クラフトビールって最近皆さんもよく耳にするかも知れません。

定義付けするのは難しいビール(日本では定まっていない)ですが、簡単に言うと「小規模醸造所がつくる、多様な個性的ビール(その土地で作られた地ビール)」と言えると思います。

最近は観光地などに遊びに行くと、よくクラフトビールを見かけますね。どれも美味しくて、いつも困っています。お土産の定番になりつつありますよね。

世界のビールを分類別で紹介

主な世界のビールスタイルを発祥国別で簡単に分類分けしてみました。

主な発祥国 発酵方法・スタイルの例
上面発酵(エール) 下面発酵(ラガー) 自然発酵
ドイツ ケルシュ、ヴァイツェン、アルトなど ミュンヘナーヘルス、シュバルツなど
イギリス ペールエール、ポーターなど
アイルランド スタウトなど
ベルギー ベルギーホワイト、トラピストビール、ペールストロングエールなど ランビックなど
チェコ ピルスナーなど
オーストリア ウィンナービールなど
アメリカ アメリカンラガーなど

上表では、あくまで発祥国別でお酒のスタイル(種類)を分けましたが、日本で見かけるお馴染みの名称を挙げれば、

オランダのハイネケングリーンボトル(ラガー)、メキシコのコロナ(ラガー)、アイルランドのギネス(エール ※上表スタウトに属す)、ベルギーのデュベル(エール ※上表ペールストロングエールに属す)などがありますね。

ビールってとにかくものすごい種類があります。。。

おわりに

本日は、ビールは、“発酵方法によって分類される”というお話でした♫最後まで読んでいただきありがとうございました( ・∇・)

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!
最新の投稿記事はこちら!