OTHERS

IPAって何のこと?【ビアスタイルを分かりやすく解説!】

こんにちはminaraiです。

疑問を持つ男性
疑問を持つ男性
IPAって最近よく聞くけど何のこと?新しいビールの種類か何か?

minarai
minarai
はい、IPAとはビールのスタイルのことです。今回の記事では、そんなお悩みを解説していきたいと思います!

この記事で分かること

◯IPAとはそもそも何か?
◯IPAの代表的な種類

IPAとは何か?

結論から書きますが、IPAとは1980年代にアメリカで始まり、クラフトビールブームの火付け役となったビアスタイル(略語)”のことです。

正式には、INDIA PALE ALES(インディア・ペールエール)で、苦味とフルーティーな味わいが特徴・魅力のビールです。

つまり、ラガービール(下面発酵)では無く、エールビール(上面発酵)ということですね。

クールなビールサーバー
世界のビールの種類は?スタイル別にまとめ!minaraiです! この記事では、世界のビールの種類をスタイル別に簡潔にまとめてみたいと思います! 少しでもあなたの参考になったら...

IPAの起源

IPAの起源は19世紀。

当時、ロンドンからインド行きの船が出航していた港(イースト・インディアドック)付近のホッジソンズという醸造所で、船員達に苦味とホップ香、アルコールが強いビールを提供したところ大好評!

このビールがかなりの人気でしたが、産業としては徐々に低迷・衰退。

・・・その後、時が流れて1970年代にカルフォルニア州のブルワリーが、ホップの新品種開発にあわせて、苦味があるのにスッキリ、かつ柑橘類のフルーティーな香りが際立つビールを開発。

この時に、その独自で新しいビアスタイルを当時のホッジソンズで提供されていたビールの呼称を発掘し、“インディア・ペールエール(IPA)”と名付けられました。

IPAはアメリカ発祥ですが、歴史的に見ると起源はロンドンなんですよね!

IPAの代表的な種類

IPAは細分化すると、アメリカン、ヘイジー、ダブル、フルーツ、イングリッシュ、セッションなど多くの種類がありますが、今回は代表的な4つのIPAの特徴を簡単にまとめます。

アメリカンIPA

香り高いホップを多く使用し、フルーティーな香りを際立たせているところが特徴。この特徴は、発酵終了後のビールにホップを追加投入する工程(ドライホッピング)による効果。

苦味:強〜極強
度数:5.0%〜7.5%

ダブルIPA

ダブルIPAは、IPAの種類の中でも最も刺激的な苦味、高いアルコール度数を持っているのが特徴。

苦味:強〜極強
度数:7.5%〜10.5%

イングリッシュIPA

イギリス産のホップを使用するIPAがイングリッシュIPA。アメリカンIPA、ダブルIPAと比較すると苦味が控えめで果実と花の香りがあるのが特徴。

苦味:強
度数:5%〜7.5%

ヘイジーIPA

大量のホップが使用されていて、ホップの成分であるポリフェノールとタンパク質が結びついてかなりの濁りがあるのが特徴。

またIPAの特徴である苦味が弱く、フルーツジュースのような香りや、ホップの強い香りも特徴。

苦味:弱
度数:4%〜10.0%

まとめ

今回の記事では、IPAについて解説させていただきました!

記事のまとめ

・IPAとは、INDIA PALE ALES(インディア・ペールエール)の略語

・エールビール(下面発酵)

・特徴は苦味と柑橘系のフルーティーな味わい

・起源はロンドン、発祥はアメリカ

・IPAの代表的な種類は、アメリカン・ダブル・イングリッシュ・ヘイジーなど

でした。

この記事が少しでもお役に立ったなら嬉しいです!

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!
最新の投稿記事はこちら!