BEER

アメリカで大人気のクラフトビールって知ってる?【紹介します】

こんにちはminaraiです。

最近日本でクラフトビールがかなり盛り上がっていますが、クラフトビールといえばやはり大国アメリカ

個人的にはアメリカ発のクラフトビールは何を飲んでも美味しいし好きです☺️

クラフトビールの市場規模も日本とは桁違いですしね。

そんなクラフトビール大国アメリカですが、全米No. 1と評されるビールがあるのを知っていますか?

今日は、クラフトビールフリークの私がそんなビールを紹介したいと思います!

この記事を読んでいただき、クラフトビールをより一層好きになっていただいたら嬉しいです😌

ブルームーンベルジャンホワイト

そのビールはズバリ、ブルームーンベルジャンホワイトです。こちらがブルームーン。

その名のとおり、ブルームーン(青い月)がパッケージにデザインされていてキュートな感じです。

このビールを一言で説明するとすれば、“オレンジピールとコリアンダー(セリ科の一年草:香辛料)を使用しているホワイトビール”になりますね。

ホワイトビールとベルジャンホワイトについて

通常ビールは大麦麦芽を使用して作られますが、その他に小麦もしくは小麦麦芽を使用しているビールのことをホワイトビールと言い、タンパク質や酵母などによって白く濁っているものが多いです。

一般的にはクリーミーで滑らかなテイスト。

また、今回紹介するブルームーンは、“ベルジャンホワイト”というベルギー発祥のビアスタイルになっていて、麦芽化していない小麦を使用し、副原料としてオレンジピールとコリアンダーを使用するのが特徴になっています。

ブルームーンの歴史

ブルームーンは創業者のキース・ヴィラが1995年に誕生させたビール。

キースはもともとベルギーで醸造を学び、そこでベルギーの香り高いビアスタイルに感銘を受けた後、伝統的な酸味の強いキュラソーオレンジの代わりにバレンシアオレンジの皮を使用・提案し、ブルームーンというほんのり甘みのある新しいビールを作ったとされています。

そして時は流れ、2008年には全米クラフトビールの売り上げNo. 1に輝くだけでなく、これまでにも数多くの賞を受賞してきています。これがアメリカNo. 1と評される由縁ですね。

日本では2013年から販売が開始されています。

実際に飲んでみた

ということで実際に飲んでみました。

こちらがブルームーン。もう待ちきれません。

ブルームーン公式ページにもあるとおり、本来はオレンジガーニッシュ(オレンジスライス)を添えるのがオススメの飲み方ですが、今回はビールそのものの味をお伝えしたいので、あえてこのままいただきます!

【飲んだ感想】

シトラスのフルーティーさと小麦アロマの香り。なるほど。

ごくごくごく。一口目は一瞬レッドアイ(トマトテイスト)を連想しましたが、後味にはオレンジピールとコリアンダーを感じる豊かな香りが広がります。

少々癖があるけど私は好きです。ホワイトビールと言いながらも、まろやかというよりはどちらかと言えばスッキリしたビール。

アルコール度数も5.5%で飲みやすいです。

食事にももちろん合いますが、サラダやチーズなど、ちょっとしたおつまみだとよりマッチすると思います。

おわりに

ということで、本日はアメリカNo. 1クラフトビールと評されるブルームーンを紹介させていただきました。

一人で夜にゆっくり味わって飲むのも良いし、友人とパーティーをする際の乾杯にもバッチリのビールだと思います。

アメリカを熱狂させるクラフトビール、もし飲んだことがなければ是非一度飲んでみて下さいね😌

では今日はこの辺でおわりにします。

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!
最新の投稿記事はこちら!