COCKTAILS

世界中で愛飲されるカンパリ・ソーダの作り方【リキュールベース】

こんにちはminaraiです。

本日は、リキュール“カンパリ”を使用した定番のカクテル、カンパリ・ソーダの作り方を紹介したいと思います。

自宅で簡単に作れるので、是非参考にして下さいね😌

世界中で愛飲されるカンパリ・ソーダ

カンパリ・ソーダといえばリキュールカクテルの定番中の定番です。所用時間の分類ではロングドリンク(ゆっくり時間をかけて飲むもの)で、TPOで分類すれば食前酒(甘みが少なくさっぱりしたカクテル)になります。

シンプルで、カンパリの美味しさを堪能できる一杯、それがカンパリ・ソーダです。

カンパリとは

カンパリはイタリアで生産される、ほろ苦い独自の味わいと赤い色合いが人気のリキュールで、

詳細な製法は明らかになっていませんが、ビターオレンジなど、50〜60種類の材料で作られているとされていて、一般的には直接味わうより、カクテルのベース酒として使用されることが多いお酒です。

1860年にガスパーレ・カンパリ氏がミラノで作り、すぐに人気が沸騰、噂を聞いた当時のイタリア国王がガスパーレの酒屋を訪れたという逸話も残っています。

150年以上の歴史があるイタリアの伝統的なリキュールです😌

カンパリ・ソーダのレシピ

レシピ

・カンパリ45ml

・ソーダ(グラス八分目程度)
 ※ソーダがオレンジジュースの場合カンパリ・オレンジになる

・スライスオレンジ1枚

その他として、グラスはできればタンブラータイプ(240ml又は国際標準の300ml)があると良いです。それとカンパリの計量のためにメジャーカップなどの計りはあった方がいいと思います😌

コリンズグラスや今回使用するタンブラーグラスの国際標準の10オンス(300ml)は意外と100均にあったりします。ゼロから始める自宅カクテルでしたら、100均グラスで全然問題無いです。

実際に作ってみた

ということで実際に作ってみたいと思います。

 

①はじめに、タンブラーに氷を入れます。

 

②次にカンパリ45mlを注ぎます。

 

③次にソーダをグラス八分目まで注ぎます。レシピにも書きましたが、ソーダの代わりにオレンジジュースを使用すると“カンパリ・オレンジ”というカクテルになります。

少し甘く・柑橘系の香りを強くしたい場合は、カンパリオレンジがおすすめです。

 

④ソーダを注ぎ終えたら、軽くステア(混ぜ)して、スライスオレンジを飾って完成です。

カンパリはオレンジ果皮から抽出しているリキュールなので、冷えたソーダで割ると心地いい苦味と甘みが引き立ちます。オレンジを加えてあげるとさらに風味が増しますね😌

さっぱりしたい時にはおすすめしたいカクテルです。

おわりに

本日は、カンパリ・ソーダを紹介させていただきました。

さっぱりとした美味しいカクテルですし、自宅でも簡単に作れるので是非作ってみて下さいね。それでは今日はこの辺で〜。

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!