ビール

NOT SO HAZYをレビュー!【WCB×TOKYO ALEWORKS】

みならいです。

今回紹介するのはこちら!

静岡West Coast Brewingの「NOT SO HAZY」!!

NOT SO HAZYはコラボシリーズ第一弾として、TOKYO ALEWORKS(東京板橋)とコラボした一本!

ペールエールを中心に手がける今注目のTOKYO ALEWORKSとのコラボなんて、魅力的すぎて・・・

そしてスタイルは“ジューシーダブルIPA”!!

いやはや本当に個人的な話ですが、ここ最近ビール好きの仲間が「NOT SO HAZY最高!NOT SO HAZY最高!!」と狂気乱舞だったこともあって、私も購入に至った経過があります。笑

正直、飲む前から期待値が振り切ってます。

NOT SO HAZYの概要

NOT SO HAZYはこんなビール!

◯ 原材料名:麦芽(イギリス)、乳糖、オーツ麦、ホップ

◯ アルコール度数:8.0%

◯ 内容量:500ml

◯ 参考価格:1,200円(税込)

NOT SO HAZYのコンセプト

NOT SO HAZYのビアコンセプトはこんな感じです。

コラボシリーズ第一弾!

今回はWCBのBest Buds@Tokyo Aleworks。

クリアー×ヘイジーのクロスオーバーに挑戦!

アルケミストが緻密に練り上げたレシピで、やんちゃんなDudesが仕込んだらこうなる。

(計画倒れ)クレイジーな程飲みやすいジュージーダブルIPA。

悪戯なジュースエフェクトに身を委ねてはいかが?

※WCB公式サイトより引用

クレイジーなほど飲みやすい、悪戯なジュースエフェクトと。

煽りに耐えられないw

ということで、飲んでいきたいと思います!!

NOT SO HAZYをレビュー!

早速グラスに注いでNOT SO HAZYをレビューです!

色は濃いめの濁ったオレンジ。んん!美しすぎません?( ´Д`)

オレンジジュースと言われても分からないレベルです。

 

はじめにアロマの確認を。

・・かなりフルーティで、ふんわり柔らかく、それでいて奥の奥に甘酸っぱいようなアロマを感じます。

アメリカ品種系のホップの良い香りも漂ってきますね。

 

お次に一口。・・ごくり。

う、うんめぇ〜〜〜。。。

ホップのグレフルな香りづけと、深みのあるコクがマッチしていて、一言で表現すると、“ビターなんだけどほんのり甘い、グレフルジュースのような味”(*´∇`*)

でもって、も一つ凄いのが、フィニッシュの後にじわ〜っとモルト(麦汁)の味わいが残ってくれる点。

これまで多くのヘイジーを飲んできたけど、この余韻は初めて!モルトの甘味が本当に贅沢。

このフレーバーを残すのは難しい気がするけど、とにかく美味しい。ふんわりと麦の甘味が後を引きます!

ヘイジーが初めての人から玄人まで凄く楽しめる一本だと思います。

心からオススメ( ´ ▽ ` )

幸せな時間を過ごせました・・・

「NOT SO HAZY最高!!」

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!