LIFE

海辺で語り合った夏のおもいで

暑い夏の一夜の話。

その日は、すぐ200m先に砂浜がある友人の家に男女4人で集まった。

大学の夏休み。

近くに店はないから、それぞれが持ち寄ったお酒とおつまみで酌み交わす。

よくある宅飲みの光景だ。

部屋はなかなかに狭い。6畳ぐらいはあるのだろうが、二段ベットが置いてあったりテレビがあったりと、4人ではなかなか窮屈だ。しかも暑い。

それでも、怖い話や学校の面白い教授の話題で盛り上がっていると、あっという間に時間が過ぎていった。

 

・・・気づけばもう深夜の1時だ。

仲間の一人は、隣でうとうとし出している。

そんな時一人が言った。・・海に行こう!

結構みんないい具合に酔っている。海が近いのが何よりの救いに感じた。各々が片手にビールや缶チューハイを持ちながら、ノロノロと歩き出す。

 

海にはほんの数分で着いた。ザザァーという静かな波の音だけが聞こえる。

波は随分穏やかで、おまけに空は満点の星。いくら田舎とはいえ、こんな吸い込まれるような星空が観れるのはまれだし、そこは本当に素敵な空間だった。

砂浜と海の境界には、いくつものテトラポッドがあり、僕たちはそこによじ登ることに決めた。

こんな風にテトラポッドに登るのは初めてだったが、ひんやり冷たく、ケータイやお酒の缶をちょうどよく置ける場所もある。たまに水しぶきが飛んでくることを除けば、意外と心地よかった。

 

しばらくの間は各々夜空を眺めていたりしていて、変わらず波の音だけが聞こえていたが、また仲間の一人が口を開く。

大人になること、将来の夢について話さない?

 

すごくいい話題だと思った。その頃は、僕も含めてみんな“大人”になることや“将来”についてひどく感心を持っていたから。

ひとりずつゆっくりと話だす。最後は僕の番だった。

もう酔いは完全に冷めていたと思う。時計を見れば4時。なんだか外は薄明るくなってきた。

 

自分がその時考えた“大人”になること、“将来”の展望を一生懸命話したと思う。

この後自分がどんな道を進むかなんてまるで分からなかったけど、家族を持つこととか、そんなイメージも含めて全部。

だんだんと朝日が昇ってきて、とりの鳴き声も聞こえ出していた。

 

 

あれから10年。僕は“大人”になったのかな。あの時想像した“将来”の自分にはなれたのかな。

今日の夜空は、あの時観たような満点の星空。

minarai

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!