LIFE

人の心が満たされるのは“お金”や“モノ”ではないと思う話【結論は愛!】

こんにちは。お酒と音楽をこよなく愛するバーテンダー見習いです。

本日は、私が日頃から感じている“ひとの心が満たされる”こと、について書いてみたいと思います。

お金があれば満たされるは幻。心はいつまでも満たされない。

はじめに、これは日本人に限ったことではなく、お金があれば大体がうまくいく!お金の力は絶大だ!という思考の人は、世界中のどこにでもいると思いますが、はっきり言って私もそう思います。

だってたくさんお金があれば、好きなものを好きな時に食べれるし、好きな車に乗れるし、異性にもモテるかもしれない、好きなところに旅行に行って悠々自適な生活・・・夢ですね(笑)お金があれば確実に満たされますね!

だけどそれはほんの一瞬で、時間が経つとまた満たされなくなるのかなって思います。美味しい料理も食べた味はいつの間にか忘れるし、買った車も古くなって飽きてくる。ですよね?

で、また満たされたくてお金の力で新たなモノを得ようとする。だけどやっぱり満たされない。なんか違うなと思い、いろんな趣味を始めて友達ができて、最初は凄く楽しかったりするけど、時間が経つとやっぱりこれじゃないとか、つまらくなったとか。そんな経験ないですか?

ネガティブ思考を書いてるつもりは全然なくて、このループが永遠に続いてるのが、今の世界(特に先進国)のヒトの現状なのかなと感じています。

要は、心が満たされていない状態ですよね。物質にだけ満たされて、幸せだけど何か違うみたいな。たとえ億万長者であっても、お金の力だけでは幸せには絶対なれないです。これは確信しています。

マザーテレサも来日の際に、「日本は豊かな国だけど心が貧しい国」とはっきり言っています。私的には、心が貧しいというより、心の豊かさにフォーカスしている人が少ない、と言った方が正しいのかなと感じています。

何が心を満たす?

率直に私はだと思います。それは誰かから愛されることではなくて、だれかに愛を与えることです。

身近な家族、親戚、友人、同僚、知人、知らない人、そして自分が嫌いな人。この人達に真っ白な気持ちで向き合って、本気でサポートしたり、その人のことを大切にする。与え、愛する気持ちを持つ。これが心を満たしていく唯一の手段です。

なぜか?

それがこの世界(ヒトがこの世で生きる時間)での本質だと考えるからです。(人生は魂を磨く旅。地位や名誉はおろか、自分の身体でさえも最終的には残りません。)

だから、まずは目の前にいる人、身近な人に与え続けるそれだけが心を満たしていくと私は思っています。ヒトに優しくしたり、親切にした時に“なんかいい気分”になった、間違いなくそういった積み重ねだけが心を豊かにしていくのかなと感じています。

世界平和に必要なもの

世界平和なんてどうだっていい、自分が生活するだけで限界。募金?お金があるやつだけがすれば良い。私たちは関係ない。

これは全く否定できません。私もそうですが、生活に苦しい人が他人に与える、ましてやお金の援助なんてはっきりいって無理!・・・ですよね。

だけど、私は10代の時からずっと世界平和を願っています。偽善と言われても、それは宣言します。

それで、毎朝継続しているのが、「お祈り」です。お金も時間も手間も必要ありません。10秒あれば終わります。目を閉じて、一日の世界中の人の平和を祈るだけです。

何やねんそれ!って言われるかもですが、これを世界中の人がやれば少なくとも争いは減ると信じています。

この話をするとみんなから馬鹿にされますが、私は本気です!

言霊(言葉)の力と同じく、おもい(祈り)の力も現実に多く影響を与えると思っています。おもい(祈り)は、必ず現実に影響します。

なので、まずは“一人一人が世界平和を継続して祈ること”が重要だと思っていますので、是非一緒に祈りましょう。

おわりに

本日は、私のちょっとした人生観(生きる上での考え方)を書いてみました。与える愛、そして祈る気持ち、これは私生活でも、仕事においても大事なことだと思います。

お金では心は充実できないと思う!という話でした٩( ‘ω’ )و最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!