WHISKEY

世界一売れているバーボンはジム・ビーム!【ガシガシ飲んでみた】

こんにちは。お酒と音楽をこよなく愛するバーテンダー見習いです。

本日は、世界一売れているバーボンウイスキー“ジム・ビーム”を紹介したいと思います。バーボンは、スコッチ同様かなりの種類がありますが、その中で圧倒的に売れているのが本日紹介するジム・ビームです。

当然日本でもシェア率は高いですが、飲んだことない方にぜひ挑戦していただきたい!今日は、こんな気持ちで書いていきたいと思います。

バーボンウイスキーって何?という方は過去記事の中で簡潔にまとめていますので、良かったら覗いてみて下さい😌  →これだけは伝えたい!ウイスキーの基本的な知識などについて

日本でもかなり認識され出している

最近CMでも良く見ますが、モデルのローラさんが2014年12月からジム・ビームの特大広告ガールとして紹介していますよね。この影響もあってか、国内の売上も右肩上がりを続けています。

日本では、かなり親近感の湧くウイスキーとして浸透を続けているところですね😌

ジム・ビームの起源は?

起源は18世紀までさかのぼります。

ドイツからの移民のジェイコブ・ボーム(のちにビームに改性)が、初めはバージニア州で農業と製粉業を営んでいましたが、その後、西に移動しケンタッキー州バーボン群に入植しています。

バーボン群に移動後、もともと所持していた銅製のスチルを使用し、1795年にウイスキーの樽ごと販売したのが起源と言われています。

ちなみにブランド名にもなっているジムビームは、ジェイコブの曾孫にあたる人物で、現在のマスターディスティラー(ウイスキーの全ての過程等を綿密に掌握する者)のフレッド・ノウはビーム家の7代目にあたる人物になっています。

血族にて脈々と受け継がれてきていますね。

バーボンってどこか野生的だと思う

ということで、実際に飲んでみたいと思いますが、その前にバーボンに関する私の持論を書いてみたいと思います。

・バーボンをガシガシ飲む ○

・バーボンをしっぽり飲む ×

上記のとおり。

やっぱりバーボンはロックでガシガシ飲む!これに尽きるかなと思っています。バーボンの良い所は、スコッチなどと比較して価格が安いところでもあるので、野生的にガンガン飲むのがベストかなと思っています。

単純にガンガン飲めるような飲みやすさがありますし、一方で高級ウイスキーは金銭的にもなかなかガシガシ飲めないですもんね。とはいえ、控えめに言ってもバーボンはかなり美味しいです。

今日は行くぞ!という気分の時は是非オススメしたいですね。

実際に飲んでみました

ということで、実際に飲んでみたいと思います。

 

本日は、以前私の師匠から頂いた限定タンブラーでいただきます!

 

もはやメジャーカップは使用しません。てっぺんまでなみなみに注ぎます。

【飲んだ感想】

銘柄 ジム・ビームホワイト4年(700ml) アルコール分(40度)
価格帯 1,000円から1,500円程度
タイプ バーボン
香り バニラ+フローラルの香り
味わい バニラのような甘さ
加水による変化 大きくは変化しない
余韻 オークを感じる風味+ドライ

でした。バーボンの中でも癖が少ないですし、入門編にはオススメの1本かと思います。

おわりに

本日は、世界で一番売れているバーボン、ジム・ビームの紹介でした。ハイボールにしてももちろん美味しいですし、ロックでもガシガシ飲みやすいです。バーボンに興味がある方はぜひ飲んで欲しい一本ですね。

ということで、今日はこの辺で終わりたいと思います。読んでいただきありがとうございます(^^)

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!
最新の投稿記事はこちら!