WHISKEY

ジャックダニエルは甘い?どんなウイスキーなの?【解説します】

minaraiです。

さて、今回はジャックダニエル ブラック Old No.7を解説したいと思います。

疑問を持つ男性
疑問を持つ男性
よく見かけるウイスキーだし、味が甘いという人もいるけど本当?どんなウイスキーなの?

この記事ではこんな悩みを解決したいと思います。

minarai
minarai
記事の前半では“味”について、後半ではウイスキーの“歴史や特徴”などを紹介しますね!少しでも参考になったら嬉しいです!

ジャックダニエル(ブラック Old No.7)は甘い?

結論から書くと、バニラやカラメルの香りがあり“甘い”です。

はじめに、実際に飲んで味を確認してみたいと思います!

 

◯まずはテイスティンググラスでストレート!

キャラメルのような琥珀色。

はじめに香りから。

オレンジやドライフルーツのような柑橘系と、バニラとシロップの甘さ、スモーク、スパイシーな香り。それでいて結構オイリー。

 

続いて一口。

おー、味もやはりオイリー!!そしてスパイシー。結構辛くて余韻もすごく長い。

全体的にはふわっとしたバニラやカラメルの甘さがありますが、なかなかのスパイシー。

男らしい個性的な味わいです。

 

◯続いて、オンザロックで!

加水によって、スパイシーさがどこかへ行ってしまった印象。

優しい甘さが残ります。

美味しい!

minarai
minarai
ジャックは水割り、ハイボール、ジュース割りなど色々ありですが、やっぱりロックが一番美味しいです!ジャックの良い甘みが際立つ!

ジャックダニエル(ブラック Old No.7)は“甘い”テイストですが、加水するとより“甘さ”を楽しめます!

【ジャックダニエル(ブラック Old No.7)の概要】

◯原産国:アメリカ

◯原材料:グレーン、モルト

◯アルコール分:40%

◯参考価格:2,220円/本 ※700mlの場合

 

 

ジャックダニエルってどんなウイスキー?

ジャックダニエルはアメリカで最も売れているウイスキー。

いわゆるアメリカンウイスキーです。

簡単に歴史から紹介しますね!

 

ジャックダニエルはじまりの歴史

ジャックダニエルの生みの親“ジャスパー・ジャック・ニュートン・ダニエル”は、1846年にテネシー州リンカーン郡に誕生。

 

幼少期から家庭内での問題を抱えていたジャックは、6歳で家出。

 

その後、副業でウイスキーづくりをしていた、牧師のダン・コールのもとで暮らし始め、若いうちからウイスキー蒸溜技術を取得していたと言われています。

 

1860年には、コール牧師がウイスキーづくりを辞めることになり、その後を引き継ぎ、わずか14歳で本格的な蒸溜を開始。

minarai
minarai
アメリカのウイスキー史に輝く偉人は、幼少期からウイスキーづくりに最高の環境で育ち、世界的なウイスキーを作り出すに至ったんですね。環境ってやっぱり大切!!

 

ジャックダニエルはバーボンウイスキー?

ジャックダニエルはアメリカンウイスキーですが、バーボンウイスキーではなく、テネシーウイスキーです。

ですが、原料などがバーボンと全く違うわけではなく、実際はバーボンとほぼ同じです。

大きな違いは、

・テネシー州で作られていること

・チャコールメローイングというろ過を行うこと

の2つだけです。

一つずつみていきます。

テネシー州で作られている

テネシー州というこだわりだけで、「ジャックダニエルはバーボンではない!」といっています。

なぜか?

ここには戦争の歴史が関係しているんですよね。

1861年から1865年にかけて起こった、「南北戦争」

当時、テネシー州は南軍。

北側に隣接するケンタッキー州も南軍・・・のはずが裏切ってテネシー州と開戦。

結果は、テネシー州(南軍)がボロボロになるというもので、これが決定的な亀裂となって今でもバーボンを名乗らないと。

つまり、“歴史的背景”があるということですね。

個人的には暗い過去は水に流して、アメリカNo.1バーボンを名乗っても良い気がするけど、根深い問題なんだと思います。

チャコールメローイング(ろ過工程)

テネシーウイスキーの多くは、チャコールメローイングというろ過工程を採用しているというのが特徴

※この製法の採用有無で、テネシーウイスキーか否かが決まるわけではないです。

チャコールメローイングは、サトウカエデの木を燃やして木炭を作って、その木炭をろ過容器(約3m)に敷き詰め、木炭を通しながらゆっくりとろ過するもの。

minarai
minarai
この工程で口当たりなめらかな、バニラやカラメルのようなフレーバーが完成!

です。

 

もう一度まとめると、

・テネシー州で作られていること

・特徴的なろ過工程(チャコールメローイング)を行っていること

この2つがバーボンウイスキーとの大きな違いになるということです(*´꒳`*)

おわりに

てなわけで、今回の記事ではジャックダニエル(ブラック Old No.7)の味、歴史や特徴などを紹介・解説させていただきました。

最も売れているアメリカンウイスキーの味わい、是非体感してみて下さいね!

では、今回はこの辺でおわりにしたいと思います。

 

ABOUT ME
minarai
minarai
お酒と音楽が大好きな執筆屋のminaraiです! ビールやウイスキー、カクテルなどお酒全般のことや人生における思いを日々発信中!シンプルが好きなので、ミニマリスト的に生きつつ、みんなが承認し合えるLove&Peaceな社会を作っていきたいと考えています。 お家で簡単に作れるカクテルのレシピや、その他お酒全般のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 ブログタイトルは大好きな詩人、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」から響きをいただいています。 Twitterでも様々発信していますので、良かったらフォローして下さいね!
最新の投稿記事はこちら!