OTHERS

Bar (バー)とPub(パブ)の違いとは?

バーカウンターと照明

こんにちは。minaraiです。

本日はBar(バー)とPub(パブ)の違いや、Barに関する基礎知識などについて解説していきたいと思います。

Bar(バー)ってどんなところ?Pub(パブ)との違いは?

Bar(バー)とPub(パブ)と聞くとどのようなイメージを持ちますか?

一般的にBar(バー)とはカウンターを備え洋酒を飲める酒場場所のことを言います。

対してPub(パブ)は、そもそもが“Public House”の略称で、お酒を飲むお店というよりは社交の場を意味しています。

なので、歴史ある古いパブには会議室が併設されていたり、昼間から営業している所もあるなど、あくまでみんなが集う空間(建物)を示しています。また、バーには無い、通常の食事メニューなどがある部分も特徴の一つになっています。

つまり、

バーはお酒を飲むための場所

パブはお酒を飲みながらも多目的に集う建物

と考えていいと思います。

ただし、現在は様々なタイプのバーとパブがあり、バーとパブの厳密な“分け”はできなくなってきていますので、あまり定義に縛られなくても良いと思います。

Bar(バー)の基礎知識

先ほども書いたように、バーにはカウンターがあり、その内側にはお客の注文に応じカクテルやその他のお酒、料理などを提供するバーテンダーがいます。

Barに関する基礎知識についても参考までに紹介しますね!

バーテンダー

バーテンダーという名称は、bar(酒場)とtender(世話する人)を組み合わせてできたと言われています。酒類に関する深い知識を持ち、シェーカーなどを使ったカクテルの調合や接客、会計などの業務を行うヒトとされています。

バック・バー

お客がカウンターに座って、バーテンダーと向かいあった時、バーテンダーの背面にあるドリンク類やグラスなどを並べた棚のことを言います。

バー・カウンターとは

バーの従業員と客の間に備えられた細長いテーブルのことドリンク類やおつまみの提供、会計などはこのカウンターを介して行われるのが一般的です。

Bar(バー)のタイプ

ちなみにバーのスタイルにも様々なタイプがありますが、大きく分けると代表的な2つに分類されるので、こちらも参考までに書かせていただきます。

バーのスタイル

1. 本格的なバー(オーセンティックバー)

オーセンティックは本物、正統的と言った意味。専門のバーテンダーが、水準の高いお酒を提供する重厚な雰囲気のバーのことをさします。

2.カジュアルなバー(ショット・バーなど)

大人数やワイワイ、がやがや騒げるバーや、店内に備えられたスクリーンでスポーツを観戦しながらお酒を楽しめるスポーツ・バーなどをさします。気軽に1杯ずつ注文できる(ボトルキープなしの)ショット・バーもカジュアルなバーに分類されます。

おわりに

ということで本日は、Bar(バー)とPub(パブ)の違いなどについて書かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!