COCKTAILS

【自宅で簡単・美味しい】ジントニックの作り方を紹介!(さっぱり系)【ジンベース】

こんにちは。お酒と音楽をこよなく愛するバーテンダー見習いです。

本日は、タイトル通り“ジントニック”の作り方について、紹介していきたいと思います。自宅でのジントニックは何がいいかと言うと、①手間がかからない②圧倒的に美味しい、この2点につきます!なので、私も自宅でもよく作っています。では、早速いきます!

ジントニックについて

ジントニックは、その名の通り「ジン(ドライジン)」と「トニックウォーター」で作るカクテルのことです。世界的な定番カクテルなので、説明はこれ以上は不要かと思います。

一方で、バーの世界でいえば、提供が結構ナーバスになることもあるお酒です。理由は「その店のレベルはジントニックで判断できる」と言われるほど、店によって味も個性も違いが出やすいからですね。

事実、私はバーへ遊びに行くと一杯目はジントニックを注文する率が高いです。ジントニックに限る話でも無いですが、その一杯が美味しくなかったりすれば、もうそのお店に行くことはおそらく無いですからね。笑

なので、このジントニックはシンプルだけど、奥深いカクテルと言うことをご理解いただければと思います!

事前に準備するもの(レシピ)

事前に準備するもの(②、③、④がレシピ)は、

①グラス(縦長の形状がオススメ)、氷、メジャーカップ、マドラー

②トニックウォーター適量 ※今回はカナダドライを使用します。

③ドライジン45ml ※今回はビーフィーター(ドライジン)を使用します。

④カットライム  1/6程度

です。たったこれだけですが、初めてカクテル作りに挑戦する方は、もしかするとメジャーカップが無いかもしれません。メジャーカップは、カクテル作り以外にも多様に使用するものなので、なければ購入をオススメします。

安いものならインターネットで数百円程度の単価で購入可能です。もちろん目分でも可能ですが、安定した味を求めるのであれば必須だと思います。

ジントニックを作ります(工程とポイントを解説)

①まずは、グラスに氷を入れます。氷は純度の高いものがベストなので、自宅の水道水から作るものではなく、コンビニやスーパーなどで売っているものがオススメです。(氷の溶け方はもちろん味にも差が出ます。)

②ジンを準備します。ここでポイントですが、ジンは事前に自宅の冷凍庫で冷やしておく(瓶に氷が張り付くくらいに冷やす)となお良いです。理由は、ジンの温度を下げることでトニックウォーターの炭酸を飛ばしづらくする(より美味しく飲む)ためです!炭酸は、温度で飛びますので!

【補足】もうワンランク上のジントニックを作りたい方は、“ヴィクトリアンバット”というジンをオススメします。本格派で重厚かつ、より骨太な本場の味わいを再現できますよ!

③次に、メジャーカップにジンを入れ、グラスに入れます。写真のように、上下あるメジャーカップの容量の大きい方にすり切り部分いっぱいまで注いで、ちょうど45mlです。瓶が冷たいですが、我慢です。

④トニックウォーターを適量注ぎ、マドラーで混ぜます。今回は、圧倒的コスパを見せてくれるカナダドライを使用していますが、いろんなトニックウォーターを試してみると楽しいと思います。ここでも味に差が出ますが、自宅で作るのであれば、価格を重視して良いと思います。

⑤最後にライムを搾り、マドラーで潰しながら混ぜて、完成です!ライムを混ぜなくても美味しいですが、ライムが入ると味が全く変わるので、是非入れて欲しいです。特に男性の方は手間に感じるかもしれませんが、ここは大事なところだと思います。

完成です!!

おわりに

本日は、ジントニックの作り方について紹介させていただきました。自宅カクテルの入門編には定番なので、興味のある方は是非作ってみて下さい。

本日のポイントをまとめると、

①純度の高い氷を使用すること、②事前にジンを冷やすこと、③ライムを使用すること、でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و

ABOUT ME
みならい
みならい
呑ブロガーで、ビール・ウイスキー愛好家のみならいです! お酒全般のことや人生における思いを日々発信しています。 自分で作ったクラフトビールを世界中の仲間と飲むのが夢で、目指すはみんなが承認し合えるLove&Peaceな社会! ブログでは、お酒のレビューなどを中心に発信していくので、お酒好きの皆さんに少しでも届いたら嬉しいです。 SNSはツイッターを中心に、インスタもゆるりと更新していますので、覗いてみてくださいね(*´꒳`*)
最新の投稿記事はこちら!